Top > 【映画】『ロード・オブ・ウォー』

【映画】『ロード・オブ・ウォー』

日本でも劇場公開されたニコラス・ケイジ主演作です。 実在の武器商人をモデルにしたという社会派風刺アクションドラマです。 日本ではお正月大作に埋もれてしまって、大不発に終わった作品です。 片時も飽きることなく堪能できた。 導入部であるニコラス・ケイジの独白がちょっと板についていなく、少し心配したが、続くタイトル・バックで完全にノせられてしまった。 一発の銃弾の視点になたキャメラが、弾丸の製作過程→完成・工場~戦場へ→戦場で少年の額を打ち抜くまでを流れるようにみせるという趣向です。 とっても奇抜で斬新な演出に、一気に引き込まれた。 このオープニングもそうなんだけど、全体的に時間省略が実にうまい!そのジャンプ・カットの巧みさに唸ります。 その中で繰り広げられるブラック・ジョークや風刺の数々にはクスクス笑いがこぼれ、辛辣な皮肉にはしっかりとして問題提起を感じて色々考えさせられた。 本作がアメリカで受けなかったのは、本作が現行のアメリカ合衆国を皮肉っているからだろう。反体制のレッテルを貼られてもおかしくないほどです。 キャッシング・カードローンなら行列のできる金融案内
関連エントリー
カテゴリー
  • ビジネス
  • 教育
  • 音楽
  • 不動産
  • 日記
  • メディア
  • 医学
  • 地域
  • 整体
  • 趣味
  • 健康
  • スポーツ
  • ニュース
  • エステ
  • ショッピング
  • FX
  • インターネット
  • 暮らし
  • 美容
  • 車売る
  • 妻の浮気
更新履歴
wimaxの回線は外出中でも使えて便(2016年3月30日)
さて葉酸とは具体的にどのような栄(2015年12月15日)
頭痛は現代病(2015年3月 6日)
頭痛は現代病(2015年3月 6日)
リンパマッサージもエクササイズと同様(2015年1月18日)